レーシックへ行こう!トップ >>

レーシックへ行こう!へようこそ!

レーシックへ行こう!へアクセスしていただき、ありがとうございます。

レーシックへ行こう!

日本人には「近視」が多く、おおよそ3人に1人が近視だと言われています。

この近視によって失われた視力を矯正、回復する方法としては、以前からメガネやコンタクトレンズなどの器具を使ったり、視力回復の為のトレーニングなどが行われて来ました。

更には、医療技術の進歩により近年は手術による視力回復も試みられる様になりましたが、まだまだ「目の手術は怖い」というイメージを拭う事が出来ず、視力回復の手段としてはそれほど一般的ではありませんでした。

その中で最近非常に注目されているのが「レーシック」と呼ばれる術式による目の手術です。

レーシックというのは簡単に言えば目の角膜の上皮にフラップと呼ばれる「蓋」を作り、目に入る光の焦点を変える事で視力回復を図るという手術です。

レーシック自体は以前からあった手術法なのですが、非常に緻密な技術を要する手術の為今までは困難な術式と考えられていました。

しかし近年になってコンピュータ制御によるレーザーメスが開発された事により、手術の成功率も高く、且つ、安全な視力回復の手術として注目される様になっています。

尚、レーシックは近視だけでなく、遠視や乱視の治療にも効果があります。

当サイトおすすめ



レーシックへ行こう!は、レーシックの情報収集としてお役立てください。

ピックアップ!:視力回復が難しい目

メガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具や、レーシックなどの手術によっても、視力回復が難しい場合もあります。